ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

多くの人は乗り換えない人生が好き?

社会

去年、安倍総理は携帯電話各社に長期利用者の割引施策やライトユーザー向け低価格プランを指示した。

携帯電話各社にとっては、せっかく儲けているのに余計なことを・・・と思っているに違いない。だって3社で2兆円も利益があるんだからね。

picsimはYモバイルユーザーでNexus5を使っている。月の料金は4000円弱だ。1500円ぐらいの料金にしたいので格安Simを利用する予定だ。

長期利用者を優遇しろって、大多数の人にとっては重要みたい。自分から契約を変更するのは料金プランを勉強したり他社に乗り換えるための解約料を調べなきゃいけないし、新し機種も選択しなきゃいけないので面倒。

これって、正社員の制度と同じで年功序列で長く勤めればその人の成果や成績に関係なく給料が上がって特をする仕組みと同じだよね。

 

でも、自分のアタマで考える人なら、毎年変わる複雑な料金プランを理解して、似たようなサービスなら安くて便利なサービスを選択するよね。

 

ところが、乗り換えるには苦行に耐える精神力、体力、知力が必要で、あまりの複雑な解約手続きが面倒で結局今のままでいいやーという人が大多数だ。長期利用者を優遇しないという不満があるなら、サッサと乗り換えてしまえばいいのにね。

 

ところが、我が国では

  • コロコロと乗り換えないこと
  • 一途に一つのことを長年やっていること
  • 途中で辞めないこと

に価値が置かれている。

 

例えば、この道50年の寿司職人と、すしアカデミーで3ヶ月勉強した職人だとなんか50年もやっている人のほうが凄そうという先入観がある。

転職も1年で前職に見切りをつけた人よりも、10年大企業で働いていました。のほうが有能そうに見えなくもないです。

 

学校教育でも小中高生時代は

  • 一度入学したら、子供の都合でクラスを変更したり、他校へ転向することは原則できない、クラス替えは1年か2年間に一度(親の転勤などの都合なら可能)
  • 部活動は簡単に辞められない。辞めたり他の部活に転部をしたり、いろいろな部活を渡り歩いて体験するのは評価されない
  • 学校を子どもの意志で退学したり転学することは親の都合による理由以外評価されない

社会人になったら

  • 新卒こそが大事で、
  • 一生同じ職場で正社員として安定して働けることこそ大事
  • 仕事はどんなブラック企業でも最低でも3年続けないと転職に不利
  • 転職は2回以上すると長続きしない人と見なされ人間性を疑われる
  • 有期契約である契約社員派遣社員、アルバイトやパートで働く人は正社員よりも能力やキャリアが劣っていると見做され、社員と同一な労働でも賃金が低く、転職市場でも不利。

文化

  • 先祖代々の土地を守りそこに住み続けることが大事
  • 同じまちにずっと住み続ける、他の街に住むことや、海外に住むなんてありえない
  • 結婚したら他の男女と交わったり不倫や離婚をすることはよよくない

 これって、江戸時代のようだよね。あなたは農民、あなたは商人、あなたは武士で一生この仕事をし続けなければならなぬ。一所懸命というように、ひとつの場所で使命を全うすること大事なのだ。と言われているようだ。

 

でも本来自分で決めることじゃないの?

江戸時代のようなのんびりしている時代ならともかく、社会のルールが毎年変わってAIの技術の進歩が進むと今やっている仕事がなくなるかもしれないのに、携帯電話の高いプランをずっと使っていたり、正社員で終身雇用だから安心なんだとは言えなくなりそう。

 

携帯も労働も契約に基づいて、常に自分のキャリアと天秤にかけて、より良い条件があればすぐに乗り換えれるように自分はそうでいたいし、世の中がそうなったら楽しくなりそうだね。