ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

ちきりんと木下斉トーク配信まとめ(2)

社会

第2部

地方の中核都市について

  • 北海道(札幌)
  • 東北(青森、仙台
  • 九州(福岡)
  • 北陸(金沢)

 

第1部まとめはこちら

第3部まとめはこちら

北海道

北海道の人口540万人 札幌191万人 旭川、帯広、 

  • 札幌だけは人口を集めて維持できている
  • 他の都市は衰退が始まっている
  • 夜の街を見ると、街の崩壊がわかる

  • 旭川駅の立派さは新宿や渋谷駅寄りも立派、人と商業施設がない東京駅のよう
  • 旭川駅の中に商業施設をくっつけ作った
  • 人口減少すると、新しい商業施設ができると、2番手の商業施設が打撃を受ける

  • 人口減少するのに、新しい商業施設を作る意図は?
  • 鉄道事業も、高速道路も、道路も作ると車が便利で勝つ
  • 北海道を全部をJRでカバーするのは諦めたほうがいい

  • 北海道の特徴である自然を活かすには?
  • 観光産業。観光産業のプレイヤーが、ボリュームラインを狙うべき。
  • 営業力のある人間が資本を引っ張ってきて作るとガラッと変わる可能性

  • 地方空港の豪華さはすごい、有効活用すべき。
  • 投資をしてもらって稼ぐ仕組みをつけて、雇用を生んでいける
  • 製造側はマーケット感覚がなくても、他の人にとって価値が存在していることを客観的に捉えるのが、漁師のような人に必要。その代わり商社が高く売る。

  • 価値のあるものに値段をつけなくても、価値のないものに値段をつける件
  • 日本一うまい=半々 1)本当にそう思ってる人 2)そう思わないけど言っちゃう人
  • 地方の継承を変えるにはロジックじゃないので、実証しなきゃいけない

  • メンツとか人生とか思いを置いておかないとマーケットで売れない
  • 販売側がだませばいいと思ってるが、消費者側が自分で調べて判断される
  • 地域ブランドのマーケティングがされていない

  • 伊豆諸島の島々は、後背地に巨大なマーケットがあるのに、マーケットを見ずにやっちゃう。

東北

青森市

  • アウガについて
  • 2001年に開業、もともと駅前に市場があって駅前を近代化するため、市場をどけて百貨店を作る。

  • 人口が減少するのをわかっていて玉砕覚悟でやってる?
  • でかいのを作れば勝てる発想(戦艦大和的)税金だし。
  • 全部は公共施設で埋められないから、出が悪いシャワー効果が効かない

  • 低層のテナントが家賃を払えないし、撤退。
  • 建物を運営している会社は第三セクター。
  • 一瞬うまくいくような気がするけど絶対うまくいかない組織形態

  • 185億円の土地建物代。維持費が高くて大変。
  • アウガのデザインをやった会社が茨城の何とか市でもアウガに似たデザインのものを作ってる。

  • 建設費高い→テナント家賃高い→客が入らない→家賃払えない→テナント撤退
  • 青森市のコンパクトシティー、街の真ん中にどでかい駅ビルを建てた
  • 人が減るのに真ん中にデカイものを建てて、赤字なのに国交省がアウガをモデル事業としてもてはやした。

  • 地方の人は赤字が何が問題かわかっていない
  • イニシャルコスト185億円、維持費、管理費+アルファ=赤字
  • 青森市に対してアウガが助けを求めて第一次再建計画ができた。銀行が20数億円貸したものを、市が10数億円で債権を買い取った

  • 第二次再建計画が一昨年ぐらいにでた。またダメで
  • 去年も再建計画をやって、ダメで。
  • 国交省はアウガをモデル計画から取り下げた

  • 青森市が国交省に助けを求めるが、、成功事例集から消される。
  • 失敗事例を探すのは簡単で、成功事例集を見て消えていれば失敗。
  • アウガが市に商業施設をすべて買い取ってくれと依頼している

  • 運営を委託してくれ、赤字をすべて市に丸抱えしてくれという内容
  • 運営にかかるものが市の予算として計上するよう、先日提言書として出された
  • アウガの社長が副市長になった。

  • 副市長が市長にアウガの債権を買い取るといった提言書を出す方向性を、専門家委員会が出した。

  • 東奥日報が市長になぜ赤字になったか聞いたら、当時の市長は「アウガと同じものがあと4つあったほうがいい。1つだから失敗した」と発言

  • →行政と民間が巨大なプロジェクトを出して失敗→民間の投資意欲がそがれる

  • アウガのテナントは元々しんまち商店街のテナントだった、アウガがダメで、テナントモ倒産し道連れに。

  • 東北の中の青森市という一つの市が、こういうことになった。巻き添えにして殺した再開発ケース。国交省に言われてアウガモデルを全国で水平展開してしまた。

(青森アウガ関連:岡山アルネ)

  • 岡山県津山市、アルネ。国交省の成功事例から抹殺された
  • 国交省はにっちもさっちもいかなくなると事例から抹殺
  • 500メートルコアのまちづくりの成功事例だった 99年に。

  • バブル期アルネの横で住宅開発で大成功も、アルネの横は駐車場になっている
  • 駐車場は(UR都市機構)40億で作ったが、半年で潰れた。
  • オーケストラ専用のコンサートホール、反響板がすごい。

  • 市がアルネを一部買い取ってくれた
  • 結局、経営が大問題。市が買い取ってくれることを前提だから。

  • 売上計画をちゃんと立てれないので、商業施設と公共施設と合体させて、超立派な建物になるので、建設コストが割高になる。

    投資回収が税金を入れて30年とかありえない。30年後は人口が半減しているのに。

  • 坪30万で商業施設建てるのに、坪100万の建物を第三セクターを作るからうまくいかない

  • 同じ事例で、シャープが傾いたのは、高給取りの人が高機能商品をつくて、ボリュームゾーンにリーチ出来無かったから。

  • 固定費が高いのは、一番ボリュームのある層を取り込めない状態になってしまう
  • リノベーション事業は、固定費を少なくして商業施設を回せる

  • 岡山市の問屋街で倉庫、事務所をリノベーションをして建物を壊さず成功している。リーダーシップがある、設備投資を最小限。消費者が求めるものを売る。

  • リーダーシップ、マーケット発想、無駄な投資をしない
  • 自分たちの予想できる時間軸で投資をやる

仙台市

  • 東北の中では勝ち組っぽい
  • 見通し的にはどうか。市の若手職員が、近いうちに仙台も人口減になる。仙台都市圏も減少。政令市は広域で集めるので、商圏は縮小してきている。

  • 最近、地下鉄東西線が開通した。戦後の都市計画が今頃実現。

  • 若い職員は危機感を持っているが、
  • 仙台市はダントツに大きい東北大学とかあるが、今までと同じ戦略ではうまく行かなくなる
  • 大きい街の人口が減り始めると救いようがない状況になる。

九州

  • ダントツ勝っている博多。
  • 福岡は非常に賑わっている。九州全域から社会増。福岡市の問題は東京流出。
  • 仙台とは違って九州からの流入が続いている。
  • 福岡はアジアゲートウェー、アジアで営業できる人を読んでくる必要。

  • 空港の拡張がこれから拡張すればいい感じになるかも、LCCとかで。

  • JR九州がななつ星で儲かっているか?

  • メディアって「日本人おもてなし」で大好き。ショーケースでやっているのならいい。アイディアはいい。でも、JR九州は不動産事業が基本の儲け。ななつぼしが、まともに儲かっているわけではない。

  • JR九州の社長さんは「ななつぼし」で立て直す気はないと言っているが、メディアがとりあげて、美しいストーリーにして、国が税金を使いまくって事業して、失敗し、地方消滅する。本質を見たほうがいい。

  • 地方再生にななつ星は関係ないという。問題の大きさに比べて小さな問題。
  • 九州の場合はバスが多い。自動運転のバスやLCCになればインフラのあり方が変わる。
  • モビリティは劇的に変わるので、路面電車などに今投資すべきではない。

北陸

金沢

  • 新幹線ができて得なのか損なのか
  • 観光でくる人は得。

  • 21世紀美術館は2回目も行くが、兼六園はリピートしない。
  • 金沢での狂犬ツアーで、地元の人から教えてもらってのは、金沢は一度に行ってみたいが二度目は特に行く街でないというランキングがある。

  • 連泊できない。観光はもっと多様であったほうがいい。
  • 普通の温泉街で連泊したいが、ない。富裕層や外国人観光客は長期滞在が多い。
  • だから、金沢は一度は行きたい街になるがリピートがない。

  • 業務としと観光都市が混在しているので、観光に優しいおもてなしがない。
  • 地元の人は認識しているが、ブームが去ったあとに議論になるかも
  • 新幹線ができるまえ特急はくたかがあったからそれはそれで便利だった。

  • 東京にいる人が地方に行くとき新幹線があるとすごく便利。
  • だけれど、地方の人は高速道路や新幹線はあまり使わない。だから、新幹線は地方にとってプラマイでプラスになっていない。(ストロー効果)

  • インフラを作って人口の流動性が高まった。ただ、建設で雇用が生まれるだけのメリット。
  • いかに、営業面で魅力高いコンテンツを提供できるか。
  • ウニ丼食べ放題みたいな、弱いコンテンツだけじゃダメ。

  • お腹いっぱい食べさせるものが多い。リピートしないし、特においしくない。おいしいところもあるけど。非常に割高。
  • 金沢も、地元資本で、やりきれなければ外部資本を取り入れて回していく必要がある。

  • 札幌、仙台、金沢もこれから人口減少でこれからが都市間競争の本番。
  • インフラが使われなくなる。減ることを前提に計画をしていくべき。
  • 全部いまの規模を維持しましょうという問題設定が間違っている。道路、鉄道、空き家など。

  • 地方大都市ほど、不良債権化するものが増えて子供世代の負担へ。財源の使い方を変えて、人に投資して地元起業できるような仕組みを。

  • 三条市にあるスモーピーク、キャンプ用品を3倍以上の値段するものが世界で売れている。地元の中だけの人材じゃなくて、東京で働いていた人を引き抜いて会社が良くなった。スモーピークは30年以上の企業。凄くファンが多い。

  • 外部の人を受け入れるキャパがないと外部の人に受け入れてもらえない。
  • 大きい街が10年で10万人で減少すると、徐々にうまくいかなくなっていく。

 

 関連記事

picsim.hatenadiary.jp

 

picsim.hatenadiary.jp