ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

ちきりんと木下斉トーク配信まとめの感想

社会

昨日、ちきりんさんと木下斉さんの地方再生トーク配信は、5時間の内容をまとめました。めちゃくちゃ楽しい内容でしたよ。

まだ、見ていない人は下からどうぞ!

 

picsim.hatenadiary.jp 

picsim.hatenadiary.jp 

picsim.hatenadiary.jp

 

 

それで、今回は

「人口減少社会における地方再生」がテーマだったのですが、

 

「問題は何か」という視点で総括すると
 

  • 人口増加が絶対的に良い事で、人口減少が絶対悪という思想からの脱却ができていないこと

が、根幹にあります。

 

だから、

 

明治維新以降に作られた、人口増加が前提の制度や考え方が、既に「無理ゲー」だと、経済的にも統計的でも明らかと多くの人が知っているけど、

 

最終決定者である政治家や官僚が、変化するという決断を下せないがゆえ、あらゆる意思決定が遅れている。

 

この一言につきます。

 

政治家の皆さん、官僚の皆さん。役所で働いている皆さん。

誤解がないように、補足すると

 

いままでは、あのやり方で良かったんですよ!

人口も増えて税収も増えたんだから。

我が国が世界2位の経済大国に発展したことは大変な功績であり間違いありません!

 

でも、取り巻く環境が劇的に変化しました。

これからは、今までとやり方を変える必要が出てきたのです。

 

★★★

 

ではどうすればいいのか?

 

結局、

人口減少はどうにもならない事実を、まず、私たち自身が受け入れる必要があります。

 

人口減少は悪じゃないのです。

良くもないし悪くもない。一つの自然現象です。

 

有権者の18歳以上の方は、選挙に行って、

未来について考える私達の代表者を選択しましょう。

 

その際、

選ぶポイントは、人口が減少することを現実として受け止め、
将来の人口予測から

 

  • どの部分のインフラ(道路、鉄道、水道、下水道、ダム)を残し
  • 行政サービスをどうすれば効率化できるか
    (自治体の合併、都道府県の再編を含めて)
  • そして何年後の未来にどんな街にするのか

明確な候補者を選びましょう。

 

picsim.hatenadiary.jp

 間違っても、「みんなが生き生きと輝けて活躍して暮らせる街!」

とか聞き飽きたフレーズはやめてくださいね。

都市マスタープランとかそんなのばっかりですから、、、

 

 

 ★★★

 

メディアでお仕事をしている方へ。

 

テレビや新聞などのメディアは、

ごく一部の地方活性化の取り組みを成功事例や美談として取り上げ、

 

地方再生の本質とズレた内容が拡散され、現場の現状を知らない国民や政治家、官僚に誤った情報を与えてしまいました。

 

 

その結果、
特に20代から30代の若い世代が、地方や地域を良くしたいと、地域再生の世界に飛び込んで、その多くが誤った情報を元に動いたため、失敗し本人のキャリアに傷がつきました(自己責任だけれども)

  

テレビ視聴率や新聞の販売数が大事なのはわかりますが、フィクションのドキュメンタリーや、美談ばっかりの記事は、タチが悪いのでやめましょう。

 

メディアリテラシーのある国民が増えているし、
今回、地域活性化を取り上げたメディアのウソが、1500人以上のリスナーにバレて、多くの人が真実を知ったので、今度からウソはすぐ見破られネットで拡散されますよ。

 

一方で、

行政の方もも誤った情報をもとに動き、

多くの地方再開発事業、商店街活性化事業などが失敗したことが明らかになりました。

 

成功事例として取り上げられても、数年後失敗事例になり、真似をしたために起きた失敗事例が全国で発生し、税金が無駄になりました(アウガとかアルネとか)。

 

大規模事業で大赤字を出して焦げ付けば、地方活性化の施策で衰退の原因になりかねません。

  

そのらすべての問題の発端は、

 

  • 人口増加が絶対的に良い事で、人口減少が絶対悪という国民の思想の問題。

  

それを踏まえてこれからの

地方再生の成功の定義は、

 

  • 人口を増やすことを目的にせず、将来の人口規模にあった行政サービスの効率化やインフラ整備を、どうにもならなくなる前に着手すること。

  • 新技術を取り込んで、社会の利便性を現在より低コストで運用すること。

  • 東京は国際競争力を加速させるため、他の地方とは別メニューで取り組む

そのためには、
  • マーケット感覚を身につけよう

  • 営業力が大事、自分で稼ごう
 
ってことが大切!
 
 
ちきりんさん、木下斉さん。
私はこうのように理解しましたよ。
これで間違ってたら、ご指摘ください(笑)
 
 

 

★★★

 

私は人の死と、一つの村や町が無くなることは同じだと思います。

 

悲しいことです。

 

いつか人は死にますし、やがて集落や町自体もなくなります。

 

でも現実から目を背けていれば、事態はさらに悪化し、課題の解決がより困難になります。

 

だから、

まだ体力のあるうちに、重症化する前に対処して、未来に希望を持てる世界にしたいですね。

 

政治家の皆さんや立候補を考えている人は、次の選挙に向けて、20年後の未来で評価される政策を為し遂げてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回もお楽しみに。

 


 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法