ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

はてなブログの読者を増やす、たった2つのポイント

ブログの作り方

こんにちは、ピコシムです。

先日は、ブロガーのちきりんからツイッターでいいねされたり、2100を超える多くの読者にお越しいただき、お祭りのような状態で、大変、大変有り難うございました!

さて、ちきりんの言うとおり、ブログの読者を増やすには「マーケット感覚」が一番大事だなと思いました。

 

この結果、読者が1ヶ月で110人になりました。

picsim.hatenadiary.jp

 

1.欲しい情報を欲しい時に届ける

旬なトピックや、芸能ニュースがそれに当たりますが、
ピコシムは両方やっていませんでした。

でも、やっぱり、欲しい人に欲しいものを欲しい時に届けるって大事だなと思いました。

  • 誰に
  • 何を
  • いつ

って考えると、分かりやすいです。


昨日は、ちきりんと木下斉のトーク配信の文字起こしブログを、3部構成でお届けしました。

3つとも深夜の時間帯に公開したにも関わらず、2000回見て頂きありがとうございます。
(ちなみに広告なしだったので、ピコシムはボランティアで、アマゾンで本が売れて40円もらえましたよ(笑))

 

ここで、さっきのやつを当てはめると

  • 誰に = ちきりんのファンに
  • 何を = トーク配信の文字起こしのまとめ
  • いつ = 配信終了直後に

 

内容が、それで、5時間に渡るトークって朝まで生テレビ並に長いので、
最初から最後まで聞けない人ってたくさんいました。

1500人のリスナーも深夜帯なので、だんだん少なくなっていきます。

その中で、聴き逃したり、もう一度復習したい人のニーズがあったことに気が付きました。

ちきりんの読者層は、だいたい30代から40代の男性が中心なので、

5時間の内容を1から聞き直す人は、ほぼゼロなので、
「要点だけかいつまんで聞きたい人」のニーズを満たせれば、いいんだなーと。

 

よほど、コアなファンじゃないと最初から最後まで聞かないんですよね。

だけど、ちきりんさんのファンが深夜に、1500人以上もリアルタイムで聞いていたのだから、さすが日本を代表するブロガーの凄さだなと思いました。

書き始めた時はまさかこんなに反響もあると知らず、ちきりんから何勝手に書いてんの!と怒られたらどうしようと思いましたが、むしろ「いいね」されてホッとしました。

 

2.新着記事にたくさんコメントをつける

これは日課になっていて、新着記事を読んで感想をつけています。

ネットニュースなんかだと、好きなジャンルばかり読んでしまって、情報が偏るのですが、

はてなブログの新着記事はジャンルがランダムなので、
「チョコレートでケーキを作る」から
「毎日ダラダラ生る」とか、
「ソシャゲーでレアカード出た!」
「うちの娘かわいいよ」
みたいな普段見ないジャンルも目にすることができます。

 

すっごい色々な世界があって、

毎日、質の高い刺激的なものを追い求めているピコシムは、その大量のコンテンツから大満足できるものに出会えるのが刺激的。

 

ピコシムのお気に入りは、

もっともっと無防備に。 - 心のままに

現代人のザワザワしている世界から、一時の安らぎをもらえます。

 

それで、話を戻して、そのためには、毎日100以上の記事を読んでいると出会えます。

(もちろん仕事が深夜に終わったって時は無理ですが)

これって、紙の新聞と同じ感覚で、経済面や社会面だけじゃなく文化面も見るという感覚と似てます!

 

新着記事にコメントが初めて付いた!とすご喜んでもらえて、中には読者になって頂ける人もいて、ピコシムも嬉しい!みんな幸せ!

 

まとめ

こんなにいい記事を書いているのに、全然読者数も伸びず、アクセス数がほとんどない!っていう人は、

  • 欲しい時に、欲しい情報を届ける
  • 新着記事にコメントをつける

ということを考えてブログを書くと、いいですよ!

 

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 

 

picsim.hatenadiary.jp