ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

静寂の東京駅

フォト

f:id:picsim:20160214044444j:plain

喧騒だけど静寂で、

 

f:id:picsim:20160214043950j:plain

通路は伸びるが、成長は止まり、

 

f:id:picsim:20160214044455j:plain

入口は広いが、先は狭く、

 

f:id:picsim:20160214044531j:plain

案内は多いが、行き先は一つ。

 

f:id:picsim:20160214044547j:plain

道は明るいけど、見通しは暗く、

 

f:id:picsim:20160214044851j:plain

ライトが輝いても、照らされることはなく、

 

f:id:picsim:20160214044921j:plain

寂しいけれど、賑やかで、

 

f:id:picsim:20160214045026j:plain

気は短いが、道のりは長い。

 

f:id:picsim:20160214045316j:plain

上を向き歩いた過去も、今はうつ向いて通い、

 

f:id:picsim:20160214045419j:plain

分かれ道は多いが、道は一つで、

 

f:id:picsim:20160214045347j:plain

 世界は見えたが、出口は見えず、

 

f:id:picsim:20160214045438j:plain

 列車を待つけど、時は過ぎた。

 

f:id:picsim:20160214045508j:plain

人混みに苛立つが、孤独が嫌いで、

 

f:id:picsim:20160214045538j:plain

出会いを求めるが、与えるものがなく、

 

f:id:picsim:20160214045630j:plain

整然としているが、空気はざわついていて、

 

f:id:picsim:20160214045734j:plain

天井は広いが、心は狭い。

 

f:id:picsim:20160214050236j:plain

数は多いが、繋がりはなく、

 

f:id:picsim:20160214050244j:plain

近道のつもりで、遠回りして、

 

f:id:picsim:20160214050410j:plain

改札はくぐれても、問題は避け、

 

f:id:picsim:20160214050437j:plain

名声を上げたつもりで、批判は絶えない。

 

f:id:picsim:20160214050456j:plain

悩みは多いが、慰めは少なく、

 

f:id:picsim:20160214050501j:plain

 自由だけど、行き先はいつも同じで、

 

f:id:picsim:20160214050505j:plain

 輝いてるが、くすんでいて、

 

f:id:picsim:20160214050510j:plain

 人を羨む事は少ないが、嫉妬は多い。

 

f:id:picsim:20160214050515j:plain

引き返さず、留まりもせず、

 

f:id:picsim:20160214050518j:plain

目指す場所へ辿り着きたい。

 

 

 

★★★

 

不定期写真シリーズ、3回目は東京駅でした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

関連記事

【写真シリーズ】第2回 フクロウカフェ もふもふ 

【写真シリーズ】香港のブラウントニーと町並みの写真

 

東京駅「100年のナゾ」を歩く - 図で愉しむ「迷宮」の魅力 (中公新書ラクレ)

東京駅「100年のナゾ」を歩く - 図で愉しむ「迷宮」の魅力 (中公新書ラクレ)