ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

ベストエフォート(理論値)が許される通信業界

社会 家電・PC スマホ

三菱自動車の燃費改ざん問題はスズキでも問題になって、連日ニュースで報道されています。燃費を正しく計測せず「理論値」を燃費として表示したことが原因でした。 

 
理論値は、机上の計算で算出されます。
 
しかし、自動車は国内外の競争があり、海外の株主やユーザーからの集団訴訟リスクがあるため、このような不祥事に自浄作用が働きました。
 
ということは、外国人が株の取得を規制されている業界株、ユーザーはほぼ日本人しかいないサービス、海外資本の新規参入が規制されている業界は、集団訴訟リスクや国際競争が少ないため業界の自浄作用が働きにくいといえます。
 
例えば、通信業界、テレビ業界がそれにあたります。
 
通信業界では、ベストエフォートが問題になりはじめています。
ベストエフォートとは、インターネット回線の「理論上の」通信の最高速度です。
ベストエフォートとは、各種通信サービスにおいて、その場の状況や状態によって提供される通信速度や品質などの性能が変化するようなサービス形態のことをいう。速度の保証やコントロールを行わないため、回線の混雑などで通信速度が遅くなってしまうことがある。

ベストエフォート | 用語集 | KDDI株式会社

 
例えば1Gbpsプランの光回線を契約して、1Gbpsが出ることは絶対ありません。実際に回線を引いたら500Mbps出ればまあまあです。
 
でも、もし100Mbpsしかでなかったら遅いとなります。
 
1Gbps = 1000Mbps ですので、10分の1しか速度がでない。
カタログに載っている速度の10%の能力しかなくても、
これはベストエフォートですからと、契約会社に言われれば、契約者は無条件で受け入れざるを得ない。
 
水戸黄門が、この紋書が目に入らぬか!
といわれれば、どんな悪人でも、「ははぁー」と従うように。
 
まさに、現代社会の免罪符です。
 
この結果、
  • 光回線を契約したのに8Mbpsしか速度がでない!
  • スマホで格安SIMにしたら先月は8Mbps出ていたのに、今月は0.5Mbpsしかでない!

また似たような話でauのLTEに回線問題では、
  • LTEエリアが90%カバーしてると言われたのに、実際は14%のエリアのみでしかサービス提供していなかった!
などとユーザーからクレーム問題が噴出してしまいます。

「ギガビット通信」をうたうプロバイダーに乗り換えたが、期待したより通信速度が遅い(メールでよくある情報提供と回答)_国民生活センター

光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!(発表情報)_国民生活センター

  

想定されているサービスを受けられない場合は、消費者は不満に思い他社に乗り換えようとします。店頭で言われた内容と違うのですから。
 
「解約します!」と消費者が言っても、
「2年間契約なので解約料が1万円発生します」と言われれば従わざるを得ない。
 
これは、明らかにおかしい!
 
三菱自動車は燃費を30%改ざんして大問題になったのに、ネット速度は90%違っていても全く問題にならない!単に商品の性質が違うからなのでしょうか?

何が問題なのか

  • カタログ値と実測値が違いすぎる
  • 店頭での説明と実利用環境が違いすぎる
  • 集合住宅等でユーザー数が多ければ速度が落ちる
  • 実際の通信速度は契約した後設置してからではないと分からない
  • 契約後の解約は違約金が発生する

 

光回線はその性質上中継する機器の性能によって、末端の通信機器の速度が変わります。例えば、下の青い枠で囲まれている回線終端装置までの通信速度は問題なければ、有線ルータや無線ルータ、PCの性能、スマホ、タブレットの性能、ケーブルの種類や長さによる速度低下が考えられます。

もし、回線終端装置でその速度が出ていなければ原因は事業者にあります。f:id:picsim:20160520083253p:plain

ところが、もしエンドユーザーに問題ない場合で、回線速度がでずサポートセンターに電話しても、上の図の青で囲まれている所以外のところに問題がないか確認してくださいと言われるだけです。

無線LANがバッファロー製であったら、バッファローのお客様センターに問合せしなければなりませんし、パソコンやスマホタブレットも同様にメーカーに問合せなければいけないのです。

しかし、だいたいは、電源の再起動や設定などを調べて問題がければ、他の機器を調べなければならないのです。

問題の切り分けは通信機器に詳しい人ならすぐに出来ますが、詳しくない人ではまずムリです。

 責任の所在が曖昧になり、「速度が遅いのはウチが原因ではありません」と言われてたらい回しにされて終わりです。

正しい情報が与えられない消費者

 当然トラブルが多発しています。光回線サービスの卸売は、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光など様々な業者が参入して、トラブルが跡を絶ちません。

f:id:picsim:20160520123709p:plain

出典:光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!(発表情報)_国民生活センター

 事例

【事例1】大手電話会社を名乗った勧誘で、てっきり新プランへの変更だとばかり思っていた

【事例2】光回線サービス以外の既契約のサービスが解約になることの説明がなかった

【事例3】料金や速度が勧誘時の内容と異なるので解約を申し出たら、高額な費用を請求された

【事例4】携帯電話と同時に光回線を契約したが、説明が誤っていた

【事例5】誤った説明で固定電話の番号が引き継げなかった。セットで契約した携帯電話は中途 解約扱いとなり、解約金を請求された

出典:光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!  

 

また、スマートフォンに関する相談件数も、増加しています。

f:id:picsim:20160520091023p:plain

出典:スマートフォンに関連する相談(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

  • 防水をうたうスマートフォンを購入したが、水濡れで動作しなくなった。お金を払って別機種への変更を勧められたが、広告には「汚れたら洗える」などと書かれており、納得できない。
  • 契約したスマートフォンの調子が悪く、5カ月間に2度交換してもらったが不具合が続くので別の機種を選んだ。交換した機種との差額を返金してほしい。
  • 他社に乗り換えようと思い、携帯電話ショップに行ったところ「価格が安くなる」と言われ、スマートフォンに機種変更をしたが、毎月の料金が高額になった。契約を取り消したい。

出典:スマートフォンに関連する相談(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

 
騙されたら負け!みたいな状態になっている通信業界ですが、業界として不健全です。監督官庁の総務省は不適切販売店・代理店の公表などを積極的に推進して下さい。
自動車の改ざんと同時に通信業界のカタログ表記適正化もお願いします。
 
はてなブログの読者は、ITリテラシーが高い方が多く騙されることは少ないかもしれませんが、
もし、騙された!話している内容が違う!契約内容が正しく説明されていなかった!などの問題があったら、すぐにお近くの国民消費者センターに相談しましょう。
 
国民消費者センター 188(局番なし・有料ナビダイヤル) 03-3446-1623(有料) 
営業時間 平日の10時~12時及び13時~16時

 

各都道府県の窓口ポータル(ページ下)

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html#hotbackup

 
消費者からの問合せが多ければ、三菱自動車やスズキと同じように大問題となり、業界の適正化に貢献できます。
間違っても、悪いのは騙された自分だし・・・と泣き寝入りしないようにしましょう。
お困りの際は是非、188にご連絡して下さいね。

 

ほんとまさに↓ですね

picsim.hatenadiary.jp

 

  

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!