ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

清水富美加さんとレプロとミヤネ屋報道に思うこと

SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加

こんにちは、ピコシムです。

 

女優の清水富美加さんが幸福の科学に出家するそうです。

 

宗教の自由なので、どこに行こうと本人の意志で決めればいいと思うのですが、

 

所属事務所のレプロから能年玲奈さんも独立したように、事務所の契約上、労務上トラブルがあったのではと考えられそうです。

 

ですが、日本の芸能界は、SMAP解散報道や、他の周知の事実に見られるように、タレントの権利が確立されていない、ブラック業界です。

 

使用者側の力が強すぎて映画俳優組合が成立していない。

 

だから、清水富美加さんの話題は表面上の問題を報じるだけだ。

ミヤネ屋を見ていて違和感があったのは

  • 国内法の法的に問題がなかったのか
  • 諸外国と比較して日本の俳優、女優、タレントやカメラマンの権利はどうなのか

は、弁護士が番組でコメンテーターで出演しても一切発言がない。

 

現状の商慣習、しきたりに照らし合わせて、タレントが契約途中でキャンセルすることに、常識が無いというコメントに終止しているのには違和感があった。

 

任期満了を待たずにやめてはいけない。

けれど、清水さんは事務所との契約で、給料制をとっていた。
それって労働者じゃないの?という話はない。

もし、給料制だったら、清水さんの出家する幸福の科学が言っていたように、

 

  • 30日間休み無し →  労基法違反
  • 月給5万 → 最低賃金違反
  • 水着仕事の強要 

 

があったら、労基署が芸能事務所を捜索できそう。

だって、線路で写真撮っただけで、メチャクチャ騒ぐぐらいなんだから、大問題だよね? 

線路に入っても、過料1万円ですが。
もっと労基法の違法行為を平然と報道してるテレビ局は、感覚がおかしいんですかね。

www.j-cast.com

 

そうなったら、当然電通事件のようにメディアは沈黙できないし、うちの事務所も危なそう!と思う他の経営者もでてきそう。

単純に、タレント本人の問題のみならず、業界全体の構造的問題だから根が深い。

しかも、芸能事務所は、反社会勢力とのつながりも指摘されている。
タレントは、労働組合を結成することは命がけです。

芸能界は規模が小さい業界ですので、労働組合がないので労働環境が悪くても改善がされません。

かつ、宮根さんなどのいまテレビに出ているタレントは、既得権を享受しているので、騒ぎ立てたくない。

いまのところ、ネット上では、

小栗旬が干される覚悟で結成。「俳優労働組合」が芸能界を変える理由とは? - Spotlight (スポットライト)

と、報じられているので、

今後、労働者側の権利が確立されれば、使用者側の力が強すぎてムチャな仕事を強要されることは、減ってくるのかも。

現状、ミヤネ屋の報道が、一方的な所属事務所擁護で、業界のタブーなのか報道されない。

これって、まさに↓

 

 

女優・清水富美加の可能性  ~守護霊インタビュー~ (OR books)

女優・清水富美加の可能性 ~守護霊インタビュー~ (OR books)

 

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

 

新しくアカウントを作成しました。followをお願いします!