ピコシムのブログ

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

【ADHD】ストラテラが処方されて1年経過した感想

f:id:picsim:20170316123100p:plain

こんにちは、ピコシムです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されて、ストラテラ(アトモキセチン)が処方されてから、1年が経ちました。

私個人の経過と感想について報告します。

服用している薬

  • ストラテラ80mg(40mg×2(朝・昼)) 

     

    f:id:picsim:20170316123604p:plain

     

1年経って何が変わったか

  • ストラテラの副作用がさほど気にならなくなった
  • 当初は不眠や中途覚醒が問題だったが、現在はグッスリ眠れる
  • 食欲不振が改善した、毎日食欲あり
  • 脳内が静かになった
    → 脳内をTwitterのタイムラインに例えるなら、1万人をフォローしてる騒がしいタイムラインから、100人ぐらいになった感じ。とにかく思考状態が静か。無心。

ストラテラの効果を一番実感した場面

  • 寝起きが爽やか
    →すぐに動ける、起床後ボーッとした状態がない状態ですぐ活動

  • 遅刻をしない
    → 30分ぐらい時間の余裕を持って職場に到着する

  • 経理等の数字を扱う業務
    → 入力ミスに気づける

  • 会話をするとき
    → 会話の間合いを意識できる
    → 会話に割り込まない

  • 悩みがなくなった
    → 思考が静かなため、悲観的な思考が楽観的になる
    → 不安がないことが多少心配

ストラテラが効かない場面

  • 長時間労働による疲労
  • 睡眠不足、休息不足
  • 先延ばし症状

朝7時に出発して深夜0時に帰宅する生活では、ストラテラを服用しても全く覚醒しませんでした。

覚醒しない!?ADHDと長時間労働 

 

私のADHDは、意識的に休息をとることが安定的に一番長く活動できます。

覚醒状態でイケイケ・ノリノリの状態だと楽しいですが、必ず波があります。波の下降状態では虚脱感(何もやる気がなくなる感)で、満たされていきます。

数日で回復する場合と、何週間も低調なときがあります。

体重の変化

 最低値 73kg(2016年8月、9月)

 現在値 76kg(2017年3月)

f:id:picsim:20170316092546p:plain

ストラテラによる食欲不振は解消しました。

最近は体重が増加傾向です。

2016年11月以降4ヶ月間で+3kg増加でした。しばらく計測していなかったので、意外に増えていました。

栄養不足で倒れるよりはマシですので、食欲が回復したのは良かったです。

血液の状態

ストラテラは、肝機能障害があると服用できません。

6ヶ月目で検査がありましたが、いまのところ問題ありませんでした。

気になる点

  • 横になっていると、体が揺れているような感覚になる
  • 心臓の鼓動が早くなったような感覚になる

薬で感情が変化することを学習

ストラテラで薬学的に脳の物質作用に変化を与えた結果、

  • うぁあ面倒!が、ちょっとやってみよう感情に変化
  • ぼーっとしている状態から、意識がはっきりして集中力が増す
  • 脳が混乱して余計な不安や悩みが生じることが少なくなる

ようになりました。

 

所詮、人の感情は脳の物理現象です。

心の弱さや頭の良し悪し、意識の差は、脳内物質の作用の結果です。本人の遺伝や社会環境、周囲の人間関係に影響を受けて、現在の自分の社会的立場や、意識が形成されています。

研究対象として自分の感情の変化を観察すると、他人事のように感じます。

その法則を発見してからは、客観的に負の感情と向き合えるようになりました。

 

心とは何か 意識とは何か 

 

気になる医療費の自己負担額

  • 役所で自立支援法を申請すると、診療費、薬処方費用は1割負担のみ
  • 4週間分の薬代(3,000円)+診察(500円)月額約3500円程度
  • 一日あたり120円程度の負担

初年度は年額約7万円の自己負担で済みました。

保険3割負担の場合、医療費全体で月13,000円前後負担する必要があります。

 

自立支援法の適用を受ける場合は、お住いの自治体の健康福祉課か、障害福祉課などで申請書を交付してもらい、医師に申請書記入してもらいます(全額自己負担;5000円~6,000円)

自立支援申請後、約3週間で自立支援医療(1割負担)が受けられます

私は自立支援法を申請したので、年額8万円の医療費を節約できました。日々の家計には非常に大きいです。

 

まとめ

ADHDと診断されて、ストラテラを処方されて効果を体感したことは、会話の間が取れるようになったことです。これだけでコミュニケーションがとても楽になりました。

服用し始めた当初は食欲不振や睡眠障害らゲッソリしてしまい、他の人から心配されましたが、本人は副作用の症状に鈍感だったことが幸いしました。

ストラテラは万能薬ではありません。

服用するだけで毎日の人生が楽しくなったり、仕事で大きな成果がでるような効果はありません。

日々の生活で、円滑な人間関係が保たれ、小さな仕事の成果が認められ、プライベートも充実し、将来の見通しが明るくなったとき、はじめて人生が楽しくなります。

私の最初の一年は、

  • ストラテラの効果を実感できたこと、
  • 科学的に脳や意識について探求できて、知識を得られたこと、

で自分にとって非常に有意義でした。

是非、これから、心療内科に行かれる方の参考になれば幸いです。

  

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

新しくアカウントを作成しました。followをお願いします!