ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

1ヶ月格安SIMのFreetelに変えて意外と良かった件

スマホ

こんにちは、ピコシムです。

格安SIMのFreetelを契約してから1ヶ月が経ちました。

実際の使用感について感想を書きます。

ほぼ使っていて不便はなかった

YmobileからFreetelにしてみて、1ヶ月使ってみた結果、データ通信はほぼ問題なく利用できました。

しかし、時間帯と場所によっては通信ができないことが分かりました。

朝のラッシュ時間帯の電波状況

東京メトロ有楽町線の、市ヶ谷駅、麹町駅、桜田門駅、有楽町間は、朝のラッシュ時間帯ほぼ通信ができませんでした。

都営新宿線の新宿駅と新宿三丁目駅も、朝の時間帯は速度が低下しました。

Yモバイルなら問題のなく通信できていました。

夜11時から1時の時間帯の電波状況

新宿駅周辺の自宅に帰って、夜通信をしようとするとYahooページが非常に遅かったです。自宅の場合はwifi環境があるので特に問題がありませんでした。

建物の中

基本的に、どこでも電波が立ちますが、JPdocomoとNTTdocomoの2種類の電波を掴んでいるようです。場所によって変わります

たまに建物の中で電波が通じない場合がありますが、キャリアケータイは繋がるので、3G回線 HighSpeed回線 LTE回線の切替が上手くいっていないのかもしれません。

テザリングを使ってノートPCでブログを書くには問題なし

ピコシムは電車の中でブログを書くことが多いです。1ヶ月使った感想は、テザリングは全く問題ありませんでした。朝のラッシュの時間はどちらにしても座れないので、ノートPCを開くことができません。

帰宅時の電車の中(19時~21時)は、全く問題なくブログやネットをすることができました。

電池の消費

Nexus5の場合テザリングを2時間使っても、電池消費量は15%ぐらいでした。

Ymobileの時と全く変わらない電池の消費量でした。

1番電池消費が大きい要素は、ディスプレイの点灯でした。なるべくスマホを使わずテザリングを使うと、電池の節約になります。

Nexus5 バグ

Freetelに変えてから、ピクト表示が所々おかしく、電池を消費していても残量が100%になったり、勝手にBluetoothがONになったり、ディスプレイの明るさがMAXになる怪現象が発生しました。ソフトウェア・アップデートで解消するのでしょうか。

月々の料金

7月1日~7月31日までのデータ通信量は4.23Gバイトでした。

毎日利用していますが、

SMS付き使った分だけ安心プランで(ドコモ回線)

ご請求内訳

キャンペーン価格で6ヶ月間は、△499円割引になっています。

 

 Yモバイルのときは電話を除いたデータ通信とSMS3500円でしたので、料金は約3分の1になりました。

ドコモのスマホ料金と比較した場合

データ通信料金プランM 5Gで5000円ですので、3836円もお得です。

電話プラン込だと、ドコモでは

カケホーダイライト+プランM

7000円+税=7560円

携帯補償サービス540円(税込)込だと、

月額 8100円がかかります。4000円~6000円も節約できます。

年額で48000円~72000円節約出来ます。

一番安い持ち方(通話定額付き)

ソフトバンクガラケーのりかえ割適用

話し放題プラン(ケータイ)

1598円(税込)

Freetel 使った分だけ安心プラン5G 6ヶ月499割引適用

1164円(税込)

___________

合計 2762円(税込)

 

もっと安くなる方法もありますが、一番手軽に出来る方法としては良いのではないでしょうか。

デメリット

携帯(au 2年縛りなし)とスマホ(Freetel)両方持つことになっったので、ガラケーの着信があった時に直ぐにでられずかけ直すことが多くなりました。

常にガラケーを手元において、3コール以内に応答できるようにしておく必要があります。

利用して分かったこと

LINEの移行用にSMS付きのデータSIMを購入しましたが、結局機種はそのままSIMだけ差し替えたので、LINEの移行は発生しませんでした。SMSはガラケーの方に届くので、単にデータ通信専用SIMにするだけでよかったです。

SMS付きデータSIMから、データ専用SIMにするだけで1ヶ月100円安くなります。

Freetelの支払いはクレジットカードが必要で、わずかですがクレジットのポイントが貯まります。

 

携帯料金を安くしたい方は格安SIMに早めに乗り換えましょう。

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

関連記事