ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

【ADHD】キラリと光る仕事の雑談に役に立つブログ

ブログの作り方 ADHD

f:id:picsim:20160820232732p:plain

こんにちは、ピコシムです。

ピコシムのブログは、記事の元ネタは、殆どが自分の身の回りで起きた出来事、疑問に思ったことです。

ブログはタダの雑記や備忘録ではなく、普段の仕事に役に立つことが分かりました。

1.雑談の幅が広がる

ピコシムは、常時複数の仕事をしています。

異なる業界の人たちと、会食して情報交換するときに、キラリと光る雑談ネタを持っているとバリュー(価値)を生み出すことができます。

 

ところが、 ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は、自分も含めて

  • 話が長い
  • 会話が回りくどい
  • 何がいいたいのか伝わらない
  • で、だから何なの?というオチがない

という会話の特徴があります。

それでは、誰からも話を聞いてもらえません。

だから、予め会話のネタを用意して、論点を整理して、面白そうなトピックや、伝え方をストックしておきます。

そうすることで、実際のリアルな世界でも、相手に面白く興味を持ってもらえる話し方が出来ます。

 

ブログを初めた頃に書いた、伝え方について勉強したときのまとめ

www.picsim-blog.com

 

ケース1 突然のレクチャー

例えば、突然大勢の前でレクチャーをしなければいけなくなりました。皆さん業界はそれぞれです。何か共通の話題をしなきゃいけなくなりました。

過去記事の高い通信料金をテーマにレクチャーをしたら、メチャクチャ反応が良かったので助かりました。

www.picsim-blog.com

 このブログに書いていることを、

  • 短く
  • 分かりやすく
  • インパクトのある言葉で

伝えると、相手の関心を引いて記憶に残ります。

予め、自分で要点をまとめているので、万が一思い出せなくてもスマホで自分のブロブを見れば思い出せます。

 

ケース2 業界内の疑問

ある業界ではプラシーボ効果(偽薬効果)をウリにした商品があることが分かりました。要はインチキ商品です。

業界内ではかなり迷惑な存在ですが、身近にプラシーボ効果を使った商品が溢れていることを知りました。

で、実際何なのか論点をまとめて書いた記事が、こちら。

www.picsim-blog.com

ブラシーボ効果というものがあるんだ!で、何なの?という疑問から書いた記事。

 実際、ブラシーボ効果(偽薬効果)を売りのしているお店に行って、試してみたのですが、結局最初から疑っている私を前に、店員さんはタジタジ。プラシーボ効果にはいろいろなパターンが有ることが分かりました。

 

ケース3 ブログ・アフェリエイトの市場規模

 また、ブログを書いていると、AdSense収益や、PVなどを調査した件でも、広告の配置や検索ワードについて、基本的なことはアドバイス出来るぐらいに役に立っています。

東南アジアにあるweb関連企業で、webのアクセス数を増加させるための方法についていくつかアイディアを提供できました。

www.picsim-blog.com

 

ケース4 友人にオススメの本を勧める

仕事以外でも、友人にオススメの本を勧めることにも使えます。

先日は、奴隷と労働にて書いたブログの内容をネタに、めっちゃ面白い本があるんだよ!と、『奴隷のしつけ方』という本の魅力を伝えました。

これは、以前はてなブックマークで300超えしたブログが元ネタで、2000年前の古代ローマ時代の奴隷と、現代の日本の労働者って凄く共通点があるんだよ。と、伝えてたら面白そう!と興味をもってもらいました。

www.picsim-blog.com

 2.匿名ブログの良さ

ピコシムのブログは、匿名ブログです。実名は出していません。

なぜかというと、仕事への影響が大きすぎるから。今はまだ一日1000~1200PV程度ですが、NEWS PICSやスマートニュースにたまに取り上げられると、仕事関係の人でも見ている可能性があるので、メチャクチャ面倒。

匿名ブログは、著者がバラさないかぎり普通分かりません。

現在のところ、このブログの著者を知っているのは日本では3人、東南アジアの国で1人だけです。

ひとつ残念なのは、趣味って何ですか?って聞かれた時に『ブログです!』って言えないことです。

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

関連記事

【ADHD】発達障害,うつ病の原因は脳のせい 困難な人生から早く脱却しよう