ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

どこでブログを書くと捗るか (場所と道具編)

ちょっと一息 ブログの作り方

f:id:picsim:20160209071219p:plain

こんにちは、ピコシムです。

最近のブログは、ヘビーな内容が多かったので、ひと休みして久々に柔らかめの記事です。

 

ブログを書いているみなさんは、どこで書いていますか?

私は、電車の中、駅のホーム、カフェ、ファミレス、で書くことが多いです。

家の中で書く時は、テレビを見ていて急なニュースや、気になるトピックが入ってきた時だけです。

超要約 イギリスEU離脱問題 は、自宅で書いた記事の一つで、NewsPicsでも取り上げられましたが、ピコシムのブログで、報道内容をリアルタイムでまとめた記事はかなりレアケースです。 

家の中にいると中々書きたいトピックが浮かんでこないので、外に出かけています。

 

もし、効率的にブログを作成できるメソッドがあったら、今よりももっと楽に、速く、簡単に、記事を作成できます。

ブログを1時間で書けるって凄すぎ! で、取り上げたように、ブログ作成のフレームワークに沿って作り上げると効率的です。

 

1.アイデアのリストを作る

2.良いアイデアが浮かんだ時はすぐに書く

3.タイトルを先に決めておく

4.書くべき内容を箇条書きでまとめておく

参考:マインドマップで「やりたいこと」を芋づる式に洗い出そう!

5.ブログ記事テンプレートを作っておく

6.リスト形式で書いて行く

7.時間を制限して書き上げる

8.手が進まない時は他の作業を優先する

9.目標時間を決めて毎回タイムを計測する

10.目標を立ててエンジョイする

  • 例えば、3ヶ月以内に、10万PV、半年以内に30万PVなど

 出典:良質なブログ記事を30分で書き上げるために実践している10のコト

で、 これについては大体できるようになったので、次の問題は、書く場所です。

今まで色々な場所で書いてきましたが、未だにどこで書くのが効率的なのかよく分かっていません。

ブログを書く場所

電車の中

移動中はすごく効率的に時間を活用できます。 座席に座れることが大前提ですが、20分ぐらいあればノートパソコンを開いてWi-Fiにつなげて、約400文字位は書くことができます。通勤時間に書くなら、始発駅で座っていけることが条件です。

降りる時間にタイマーをセットしておけば、乗り過ごす心配はありません。

駅のホーム

電車が到着する時間までは、駅のホームの椅子に座って書くと捗ります。タイムリミットが決まっているので、短い時間でも集中してブログを作れます。乗り換え時間も有効に使えます。

カフェ

カフェは、集中して書くことができる場所の1つです。周りには、仕事の打ち合わせをしている人や、ノマドワーカー、勉強中の人、雑談中のおば様方がいることが多いです。私が好きなのはドトールやサンマルクカフェと、昔ながらの静かな喫茶店です。

ドトールはコーヒーが安いこと、スターバックスよりも若干席が空いていることです。

ブログを作っていてもさほど目立つ事はありません。

ファミレス

ファミレスもブログをつける場所の1つです。混雑時を除いて空いている時にいきます。

特にコーヒーおかわり自由なお店はオススメです。デニーズにはよく行きます。ドリンクバー付きのところも好きです。

少し小腹が減ってくると、ついポテトとか、パフェとか頼んでしまいかなり高コストになってしまうのが難点です。

経験上、時間をかけても記事が未完成になるジレンマがあります。

自宅

ピコシムの場合、自宅の中では、家に帰ってくるとやる気スイッチがオフになるので、よほど覚醒していないかぎりは家で書くことはありません。

ただ、朝起きてすぐに書き始めると結構頭が冴えているので、前の日にテーマが決まって、箇条書きで章立てが組んであれば、比較的早く書き終わるのでオススメです。

ブログを書く道具

基本的にノートパソコンで書いています。スマホで書く時もありますが、ほとんど量は書けません。

音声認識で書くと捗るか  

今日は初めて、iPhone 5(ios9.3.4)の音声認識機能で書いています。

音声認識機能を使って書くと、とても早く文章が作れて便利です。

iPhoneの音声認識の良いところは、記号に強いこと。

 

読点や、句読点、

「 鍵カッコ「 

 」 鍵カッコ閉じ

( カッコ

)カッコ閉じ 

● くろまる 

改行

 

が、すべて音声認識でできるということです。

アンドロイドの最新バージョンのOS6.0.1では、日本語の音声認識で、これらの記号はまだ実現していません。

 

音声認識の精度はAndroidの方が長文に強いのですが、googleは日本市場にあまり積極的でないのか、読点、句読点、改行が認識できないので、ポチポチキーボードで打つ必要があります。

早く対応して欲しいですね。

 

今のところ、ブログを音声認識で書くなら、Androidより、iPhoneの方がとても便利です。キーボードよりもはるかに速いからです。

もし、Androidのスマートフォンしか持っていなければ、読点や句読点を入れるアプリがあるので、使ってみると良いでしょう。

声でラクラク文字入力!音声入力まっしゅ - Google Play の Android アプリ

 

一つ難点なのが、自分の頭の中が整理されてないと 、慣れないせいか全然口から言葉が出てきません。

普段は画面を見ながらキーボードを叩くので、音声認識で瞬時に自分の考えたことを言葉にするのは、意外と難しいです。

 

ブログのテーマをあらかじめメモに書いて、箇条書きで要点を書いたら後は頭の中でシナリオを作って、 iPhoneに話しかければ文章が完成するのかもしれません。

 

みなさんも、是非スマホの音声認識でブログを書いてみたら、慣れるとメチャクチャ早くブログが作れるかも。

 

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

関連記事

ブログを1時間で書けるって凄すぎ!

【感謝】100記事目達成 継続する難しさを感じた6ヶ月間

独自ドメイン移行で激減!アクセス数改善の6つのSEO対策まとめ

ブログで「伝え方が9割」のテクニックを実践してみたba