ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

ブログで「伝え方が9割」のテクニックを実践してみた

ブログの作り方

こんにちは、ピコシムです。

伝え方が9割という本が85万部のベストセラーです。人の心を打つコピーは、才能じゃなく、技術によって簡単にできるという内容です。私はブログで実践してみました。

伝えたいことをそのまま言わない

相手のメリットを考えて伝える。

ラーメンを食べに行こう。

博多で一番人気のある濃厚なスープが特徴のとんこつラーメンを食べに行こう。

ギャップ法を使って伝える

反対語を使って言葉に感動を与えます。

例えば、

嬉しいよ、ありがとう! よりも、涙がでるほど嬉しいよ、ありがとう!

の方が伝わります。これがギャップ法です。

心に響く名言

事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!

 踊る大捜査線

 お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームの為にお前がいるんだ!! スラムダンク 安西先生

考えるな、感じろ 燃えろドラゴン

これは私の勝利じゃない、あなたの勝利だ オバマ大統領

私は今日、ここに引退いたしますが、我が巨人軍は永久に不滅です 
長嶋茂雄

 すべて、ギャップ法を使っています。

 

  • 会議室 vs 現場
  • お前のためのチーム vs チームのためのお前
  • 考える vs 感じる
  • 私の勝利 vs あなたの勝利
  • 引退 vs 不滅

 

正反対のことを言って、言葉にチカラを与えていることが分かります。

ブログのタイトルで実践してみた

 はじめて、ギャップ法を使った最近のタイトル

1つめのタイトル

改善前

先延ばしをしない、ADHDの時間感覚を改善する方法

 改善後

先延ばしから早期着手へ、ADHDの脳内の時間処理機能を改善

 2つめのタイトル

改善前

 不完全な勇気を持って取り組もう

改善後

100%の勇気より、不完全な勇気で1分だけ始める 

 タイトルに少しチカラが出てきたようです。

プロから学ぶ、表紙のタイトルで読者に見たいと思わせる技術

本屋に行ってきました。ビシネス誌の表紙タイトルに注目します。

f:id:picsim:20160223163817j:plain

 

やる気を出す方法 →今すぐやる気を出す方法

話し方・伝え方 →なぜか意見の通る人の話し方・伝え方

手帳術 →1年が劇的に変わる手帳術

手帳術 →無敵の手帳術

株の達人が選ぶ銘柄100選 →株の達人が学ぶ波乱に勝つ銘柄100選

株主優待 →元手5万円からの株主優待、こうすれば一生特が続く!

「悩まない」人生ノート →なぜ毎日つまらないのか?「悩まない」人生ノート

保険ランキング →プロ100人が選ぶ保険ランキング

 

雑誌編集者は表紙のタイトルに、読者に見たいと思わせる技術を使っています。

こうやって読者の目に止まります。

 

磨きをかけて、ギャップ法で詩をつくってみた

ちょっと前の記事です。

picsim.hatenadiary.jp

普段混雑して慌ただしく人が行き交う、東京駅にスポットをあてて、誰もいない日曜日の夜明け前の景色を写真と詩で書いた内容です。

では、詩の部分だけで見てみましょう。

  

静寂の東京駅 詩:ピコシム

 

喧騒だけど、静寂で、
通路は伸びたが、成長は止まり、
入口は広いが、先は狭く
案内は多いが、行き先は一つ。

道は明るいけど、見通しは暗く、
ライトが輝いても、照らされることはなく、
寂しいけれど、賑やかで、
気は短いが、道のりは長い。

上を向き歩いた過去も、今はうつ向いて通い、
分かれ道は多いが、道は一つで、
世界は見えたが、出口は見えず、
列車を待つけど、時は過ぎた。

人混みに苛立つが、孤独が嫌いで、
出会いを求めるが、与えるものがなく、
整然としているが、空気はざわついていて、
天井は広いが、心は狭い。

数は多いが、繋がりはなく、
近道のつもりで、遠回りして、
改札はくぐれても、問題は避け、
名声を上げたつもりで、批判は絶えない。

悩みは多いが、慰めは少なく、
自由だけど、行き先はいつも同じで、
輝いてるが、くすんでいて、
人を羨む事は少ないが、嫉妬は多い。

引き返さず、留まりもせず、
目指す場所へ辿り着きたい。

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!