ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

ストラテラを飲み始めて100日で8kg体重が減少

ADHD 悩み解決

こんにちは、ピコシムです。

ストラテラを飲み始めてから100日以上が経過しました。

この間、ストラテラの容量は40mgから80mgになりました。ますます、仕事の能率が上がりました。

この100日間で実際に体験した効果と副作用について報告します。

ストラテラの効果

  • 寝起きが爽やかなことが多い
  • 時間に余裕を持って外出するようになった
  • 人の話しを落ち着いて聞けるようになった
  • マイナス思考が消えて楽観的になった
  • コーヒーを飲んだ後ストラテラを飲むと覚醒する

ストラテラの効果はとてもよくでました。
朝にストラテラを服用すると、効き始めまで2時間以上かかるので、医師の許可を得て、

夜にストラテラを飲みはじめました。結果、朝からハイテンションです。

中途覚醒して夜に目が覚めることも数回ありましたが、基本的に朝まで5時ぐらいまで寝ることが出来ました。

また、
時間に余裕を持って家を出発することが出来るようになりました。
1時間以上前に目的地に到着し、近くのカフェでコーヒーを飲みながらPCで仕事していたり、ブログを書いていることが多いです。

そして、最も効果があったことは、
小さなことで悩まなくなったことです。
何事にもプラス思考で何事にも楽観的になりました。かつては思考がグルグルまわってパフォーマンスが下がっていましたが、そういうことはなくなりました。

ストラテラの副作用

  • 食欲不振(空腹にならない)
  • 喉の渇きを感じやすい
  • 夜眠れず覚醒する(夜11時に頭が最も冴える)
  • 通勤中電車の中で突然めまいと吐き気(過去3回)
  • 全然ブログのネタが思い浮かばず更新ストップ(3月4日から4月下旬まで50日間)

食欲不振はストラテラの副作用の代表的な副作用の症状です。投薬当初は菓子パン一つで満腹になっていましたが、2か月半を超えた頃から徐々に食べれるようになりました。

空腹にならない状態が続き、直感的に何か食べないと死ぬんじゃないかと思うようになり、何でもいいので食べるようになりました。

また、出勤途中の電車の中で、
急にめまいに襲われて、吐き気と動悸がしました。
過去3回だけありました。恐らく栄養失調状態になっていたのかもしれません。ポカリスエットで水分、糖分、アミノ酸を補給して体調は回復しました。

毎日感じることは、
薬を飲んで1時間から2時間後に喉が渇いてくることです。
通勤中でも、仕事中でも事中でも、自宅にいる時でもなるべく水分を補給するように心がけました。

2ヶ月目までで、最も困ったことは、
夜眠れないことです。夜11時頃に1番覚醒して気分がとても良いのです。
しかし、早めに就寝しないと翌朝響きます。1日ぐらいは大丈夫ですが、毎日夜起きていると、カラダの疲労が溜まっていき急に体調が悪くなるかもしれないので注意が必要です。

ストラテラ服用後、
ブログの創作意欲が湧きませんでした。
以前のような記事作成で何時間も続くような過集中はなくなりました。ストラテラを服用する前は、次々にブログネタが次々に思い浮かび、瞬間的に記事にできる衝動性があったのですが、それも無くなりました。これについては今後記事にしたいと思います。

副作用の対策

  • 空腹で食事が億劫でもなるべく1日3食の食事を心がけ得る
  • 日中はなるべく仕事でカラダを動かして肉体を疲れさせる
  • のどが渇いたらすぐ水を飲む、のどが乾く前に水を飲む

副作用による体重減少

  • 食欲不振で食べる量が減った(食費も減少)
  • 体重が83kgから74.95kgに減少(約100日間)
  • 体脂肪率は26.4%から23.3%に減少
  • 内脂肪レベルは11.5から10.0に減少

これは、ストラテラで楽に減量が出来たラッキーな例です。

他の方も、食欲不振がある方は同じように体重が減少していると報告があるので、そういうものなのでしょう。

f:id:picsim:20160517011408p:plain

体重 83kg(服薬前)→74.95kg  ▲8.05kg

 

f:id:picsim:20160517010006p:plain

全身体脂肪率  26.4%(服薬前)→23.3%に減少(参考値)

  

f:id:picsim:20160517010005p:plain

内脂肪レベル 11.5から10.0に減少(参考値)

 

ストラテラを飲む前の体重は、タニタの体重計で計測しなかったので記録がありません。同時期に銭湯で体重を計った2月初旬時点で83kgだったのでそれを入力しています。

体脂肪率や内臓脂肪率は近似値を入力していますので参考値となります。

ストラテラを飲み始め100日間まとめ

  • 仕事上のケアレスミスは比較的減ったので楽になる
  • マイナス思考が全く無く、悩まなくなったので楽になる
  • 副作用により食欲不振で体重が8キロ減少し体脂肪が適正値に近づいた
  • 一方で、考える力が衰えたような気がする(思考が深化していかない)

ストラテラによって日常生活では、ほとんどストレスを受けるような問題はなくなりました。これといった悩みもなく、楽観的になったように感じます。今のところ順調ですので、今後もストラテラを服用を継続します。

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

関連記事

【ADHD】ストラテラを飲んで8ヶ月目 / 栗原類さんが発達障害の本を出版

【ADHD】発達障害,うつ病の原因は脳のせい 困難な人生から早く脱却しよう

【ADHD】ストラテラいつ飲むべきか問題

【ADHD】メール返信の3つのポイント 即レス・パターン化・最適化