ピコシムのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコシムのブログ

社会の出来事を「なぜ?だから何なの?」の視点で探ります

【ADHD】発達障害,うつ病の原因は脳のせい 困難な人生から早く脱却しよう

ADHD 悩み解決

f:id:picsim:20160911085435p:plain

こんにちは、ピコシムです。

私たちは、何か問題が起きたとき、人のせい、何かのせいに責任を転嫁することは、無責任だと教育されてきました。

 

日本人は、『自分に非があり誤りを認めること』に美徳があるという価値観を持つ人種です。

『自分の失敗を他の誰かや何かのせいにする他責感情』に対して、多くの日本人は猛烈に嫌悪感を持ちます。

失敗は自分のせいではないと発言した人は、非人道的なぐらい影やネットで非難をされます。

 

だから、私たちは親や学校の先生から、自分の行動に責任を持つこと。仕事に責任を持って取り組むことは、大切なことだと幼い頃から刷り込まれてきました。

 

閉鎖的なムラ社会で生きていくための必要なスキルだからです。

 

ところが、そんな考えを持っていたがために苦しむ人たちもいます。

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害を持つ人は、脳の機能が正しく働いていません。

 

正しく動いていないので、様々な問題が起きます。

  

集中力が無くなって、

ミスを連発したり、

会話の間が読めなくなったり、

人の話を聞いてないように見られたり、

 

など、問題が発生します。

ADHDの原因は脳のせい!どんどん脳のせいにしよう!

感情の原因は脳にあります。

記憶力が良いのも悪いのも脳のせい。

 

言葉を正しく理解ができないのは脳のせい。

空気が読めないのは脳のせい。

 

衝動的に動いてしまうのも脳のせい。

不注意が起きるのも脳のせい。

そわそわ動いてしまう多動も脳のせい。

 

特定のものに激しく興味をもつのも脳のせい。

 時間に遅れたり、約束を破ってしまうのも脳のせい。

 

全部、脳のせいです。あなたも私も悪くありません。

これを聞いたら、何と自己中心的で性格の悪いやつだと思うでしょうが、全く問題がありません。

 

最近は脳の働きを可視化出来るようになりました。

例えば、脳の血流量を調べると、通常の人の脳とADHDの脳では大いに異なります。

f:id:picsim:20160628030547p:plain

 出典:Healthy VS Unhealthy | Daniel G. Amen, MD | Amen Clinics

 

でも、正しく治療すれば、脳は下の画像のように正常な人の脳になります。

f:id:picsim:20160628031552p:plain

ADHDの少女の脳(左)治療前 (右)治療後

出典:精神病を脳スキャンから診断 トラウマで脳は損傷する - ログミー

 

興味のある方は以前の記事をご覧ください。

 

最近は脳の働きを可視化出来るようになりました。

脳機能が通常と違う働きをしている場合は、発達障害と診断されて早期の対策が可能になります。

 

下のYoutubeの動画はASD(自閉症スペクトラム障害)の脳の医学的な特徴です。

ASDは発達障害の一つで、社会性やコミュニケーションの能力に障害があります。

www.youtube.com

動画で分かりやすく解説していますので是非参考にするとよいでしょう。

脳に問題を転嫁することのメリット

1.気持ちが楽になる

自分のせいじゃなかったんだと、自分を責めることを辞められる。

ADHDの人や、アスペルガー症候群の人、その他脳機能に障害のある人は、幼い頃から人より不器用だったり、問題を起こしてきたため、劣等感がとてもあります。

大人になって仕事をし始めると、ミスの連発で上司、同僚、取引先などあらゆる人間関係に問題を起こし、叱責され、白い目で見られて、自己嫌悪に陥ります。

2.深刻に考えないほどパフォーマンスが上がる

もっと頑張らないと!と、真剣に取り組むほどパフォーマンスが落ちます。

ADHDの人の場合、前頭葉の血流が低下するからです。

適当にリラックスして取り組むほどパフォーマンスが向上します。

脳のせいに出来る2つの条件

1.原因がはっきり分かっている

ADHD(注意欠陥多動性障害)であると診断されて、脳が正しく動いていないことが明らか。

→原因をはっきりさせるために、まずは心療内科に行きましょう。

2.薬によって対処できること

薬(ストラテラ、コンサータなど)によって脳の機能が改善できる。

 →薬を処方してもらうために、医師にありのまま伝えましょう。

 

薬をのむ前と飲んだ後では明らかに気持ちに違いがあります。ダルい、面倒、何もしたくないというマイナスの感情が消えて、行動的になります。

 

人の感情は脳の物理現象ですから、同じ脳に機能障害をもっている全ての障害にあてはまります。これは、ADHDに限ったことではありません。

 

例えば、チック症は、突然意図せず声が出たり、単語を連呼したりします。脳の機能が正しく働いていないことが原因です。

 うつ病の原因は脳の血流量低下

うつ病の人も同じです。うつ状態になると脳の特定の場所の血流量が低下します。

正常な脳の動作に必要な脳内物質が、正しく出てこないために「やる気」が湧いてこなかったり、「何をしても楽しいと感じなくなる」症状が出ます。

 

下の図1aは、うつ病期の血流量が低下した脳の場所を青で示しています。

f:id:picsim:20160914045817p:plain

図1bのうつ病から回復している時は、脳の血流量低下している範囲がほとんど消えています。

出典:小山 北條 大月 山本 (2008) 脳血流 99mTc-ECD SPECT を用いたうつ病像の客観的評価

 

原因が何も分からないと本人に問題があると周囲から見られる

脳の機能障害に対して、誰も原因が分からないときは、本人の心の問題、本人の気持ちが弱い、ミスが多いのは性格の問題。と、周囲から見られます。

問題の原因は全て本人のせいにされます。

しかし、肝心の本人は怠けていたり、意図的に反抗しているわけでもないのです。

素直に良心に従って行った結果、不注意なミス、多動性、衝動性が起きてしまいます。

このような誤解を解くためには、やはり心療内科に行くのがよいでしょう。

バグった脳で無理ゲーを一生続けるのはやめよう

もし、スーパーマリオブラザズのゲームが、最初っからバグっている状態を想像してみましょう。

 

例えば、

普通なら300秒あるタイムが30秒しかない(時間管理機能が狂っている)

Bダッシュができない(動きが遅い)

きのこを取っても大きくならない(仕事を覚えられず成長しない)

ジャンプをしたつもりが、頻繁にクリボーぶつかる(ミスが多い)

突然マリオの動きが意図しない方向に進み、ノコノコにぶつかる(多動性)

突然逆走したい衝動が起きて、ゴールせずタイムオーバーになる(衝動性)

 

 稀に突然スターを取ったときのように、無敵状態になる(過集中になる) 

しかし、無敵状態は長くは続きません。

 

こんな状態だと、

マリオはすぐにタイムオーバーで死んだり、敵にぶつかったり穴に落ちて死ぬので、ライフの減りが異常に早い(自己嫌悪、劣等感が生じる)。

ライフが無くなると、また最初からゲームがスタートする(キャリアが積めない)

コインは0からスタート(経済的な貧困)

 

こうなってくると、

もうゲームをする価値がないと思い始めたら、ゲームに飽きて放棄するようになります(引きこもり、自殺企図、犯罪行為をする)

 

 つまり、人生を悲観して諦めてしまいます。

そうなる前に、正しい対処をしなければ大変です。

発達障害者への社会の風当たりはまだまだ強い

例えば、

発達障害者(アスペルガー症候群)の男性が、家族から『引きこもってないで働いたら』と言われて激昂し、姉を刺殺した事件がありました。

検察は被告に対して懲役16年を求刑しましたが、裁判所の判決はより重い懲役20年でした。

発達障害の被告は、再犯の可能性が高く、発達障害者に対する社会の受け皿がないと言う理由から、刑務所に長くいてくれる方が、本人にも世の中的にも良いという理由でした。

www.youtube.com

 

人生が窮地に陥ると、あなたも周囲の人間も大変です。

何かおかしいな。人生が生きずらいなと思ったら、早めに心療内科で診察して適切に対処してもらいましょう。

  

発達障害とはなにか 誤解をとく (朝日選書)

発達障害とはなにか 誤解をとく (朝日選書)

 

 

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

 

 

ADHDかなと思ったら

ゆうメンタルクリニック(東京)

 

めちゃくちゃ生きにくいんだけど相談乗ってほしい!と思ったら

相談窓口の情報 - 発達障害情報・支援センター(全国)

 

発達障害について何か情報ないの?と思ったら

発達障害情報・支援センター

 

id:picsim

最後までお読み頂きありがとうございます!

次回もお楽しみに!

 

関連記事